前へ
次へ

標準装備と後付け工事の事情を知る

住宅を購入するとき、さすがに広告だけを見て契約までする人はいないでしょう。
引越しの日まで実際に行かず、いざ建物を見て必要な設備がないなどに気づく可能性があります。
賃貸物件でも下見は必須と言われているので必ず実際に購入する物件の様子はきちんと見ておきましょう。
問題があれば契約前に確認しておきましょう。
建売住宅を建設中に契約をすると完成後まで様子がわかりません。
一応事前の設計書類などにどんな間取りになるのか、どんな設備になるのかなどを分かるようにしてくれています。
取付けられる設備に関してはきちんと示してくれていますが取付けられていないものを取付けていないなどと書かないケースが多いので注意が必要です。
標準装備とあれば取り付けられているので安心ですが、それに書かれていないときは購入者が後付けしないといけません。
照明器具やカーテンなどは標準装備にならないケースが多くなり網戸やシャッターなどは標準装備になるケースが多いです。
カーテンレールや物干し金物などは微妙なので事前確認がいるでしょう。

Page Top