前へ
次へ

ホームインスペクターと呼ばれる人の存在

注文住宅を建てるときやリフォームを行うとき、不動産会社や建築会社等と契約を結んで工事を行ってもらいま

more

使いたい家電に合わせたコンセントの位置

家電製品を使うには電気が必要で、それらの電気はコンセントから供給を受けます。
建売や賃貸だと既

more

お風呂や台所のチェック方法を知っておく

生活に水は欠かせませんが、一方で水は問題になるときもあります。
住宅においては基本的に水回り部

more

屋根付きカーポートと建ぺい率の関係

それぞれの宅地には建ぺい率が決められていて、それの率を超えた建物を建てると法律違反の建物になります。
建ぺい率は土地に対して建物を建てられる割合を示していて、50パーセントであれば土地の半分の面積にしか建物が建てられません。
率が高くなればそれだけ建物を建てられる面積が増えます。
建ぺい率を考えるときはまずは住宅そのものの面積を考えるでしょう。
建ぺい率が低いところだとギリギリになるように建物を建てるときもあります。
つまり建ってしまったらそれ建物を追加することはできません。
増築などをしなければ問題ないと考えるかもしれませんが、ある設備が建ぺい率に関わってくるので注意も必要です。
自動車を置くためのスペースがあるかもしれませんが、そちらに屋根のあるカーポートを取付けたいときがあります。
実はカーポートは建ぺい率計算時の建物に含まれます。
住宅部分で既に建ぺい率ギリギリの状態の時、カーポートを設置するとすべての建物が違法になり検査済証が発行されません。

東京・神奈川でフローリング張り替え工事|リビング・テン

賃貸ショップ
賃貸ショップの家具・家電付き賃貸物件をご紹介

Page Top