前へ
次へ

扉が窓が仕様通りになっているかを確認する

扉の種類に引き戸と開き戸があることを知っている人は意外に少ないかもしれません。
でもいざ住宅を購入するとなると非常に大事なことで、どこにどんな扉を付けるのかを決めておく必要があります。
引き戸は横にスライドさせるタイプで開けやすいですが戸を収納するスペースが必要な扉になります。
比較的簡単でよくあるタイプの扉が開き戸で、奥に押したり手前に引いて開きます。
扉そのもののスペースは少なくて済みますが、開閉部分のスペースを確保しないと開けられません。
開閉部分に物を置いたりできないので生活スペースが狭くなるときもあります。
バリアフリーを意識するときもあまり開き戸は好ましくありません。
扉にはそれぞれ仕様があり事前に決めているはずです。
特にトイレやお風呂など閉じ込めの不安がある扉は十分注意して決めなければいけません。
奥に押すのか手前に引くのかを決めているもののいざ完成するとそれが逆になっているときもあります。
もちろん逆になっていれば修正してもらわないといけないでしょう。

Page Top