前へ
次へ

お風呂や台所のチェック方法を知っておく

生活に水は欠かせませんが、一方で水は問題になるときもあります。
住宅においては基本的に水回り部分でしか水を使わず、水回り部分は水の流れなどの設備がきちんとされています。
もし水に対する対処がないと木材部分に水が浸透して腐らせることになりますし、鉄やコンクリートさえも傷める可能性があります。
新築の住宅を利用する時には事前にチェックをして引き渡しを受けますが、水回りのチェックもきちんとしておきましょう。
特に水を大量に流す部分は厳重にチェックしておく必要があり、軽く水を出して流れるかなどでは問題が分かりにくいです。
どんな方法を取ればいいのかを知っておくと良いでしょう。
トイレ、お風呂の浴槽、台所のシンクであれば一旦水を貯めてその上できちんと流れるかを調べてみましょう。
お風呂はいざ貯めるとかなりの量になり、不具合があるときはなかなか流れません。
シンクは水が貯められないときもあるので大きなバケツに水を汲んで置きそれを流したときにどうなるかをチェックしましょう。

Page Top