前へ
次へ

ホームインスペクターと呼ばれる人の存在

注文住宅を建てるときやリフォームを行うとき、不動産会社や建築会社等と契約を結んで工事を行ってもらいます。
工事の様子などをチェックする機会があり、当初の予定通り工事が進んでいるかなどを確認するでしょう。
さらに完成した時には希望通りに工事が行われているかをチェックしなければいけません。
一般的には工事を依頼する人は建築などの知識や技術を持っていないでしょう。
その人がその建物がきちんと立てられているのかをチェックするのは結構難しいかもしれません。
表から分かる部分のチェックはできても、それ以外の部分に問題がないのかなどはわかりません。
専門家だからこそ分かる部分もあります。
そこでホームインスペクターと呼ばれる専門家に住宅のチェックを依頼してみましょう。
別名住宅診断士とも言われる民間資格で、第三者の立場に立って住宅の検査をしてくれます。
建築業者との信頼関係上依頼しにくいと考えるかもしれませんが、今は利用者も多くなっているので堂々と利用すると良いでしょう。

Page Top