前へ
次へ

結構大事なドアストッパーの位置

オフィスなどでよく扉の下などに物を挟んで扉を開いたままにすることがあるかもしれません。
100円ショップに行くと専用のアイテムなどがありそれならきちんと開いたままにできます。
その感覚があると自宅の扉なども問題があるなら後でアイテムを買えばいいと考えるかもしれません。
しかし簡単に行かないときもあります。
注文住宅を建てるといろいろな扉を設定していきますが、開き戸を設置するのであればドアストッパーを付けるか、付けるならどこにつけるかを決めます。
そして決めたらそこに埋め込み式のドアストッパーを付けてもらいます。
常にストッパーが出ているタイプもあれば使うときだけ引っ張り出して使うタイプもあります。
なぜドアストッパーがないといけないかですが、開き戸を開き切ったときに壁にノブなどが当たる可能性があるからです。
ドアストッパーがあるとその位置で扉が止まるのでノブが壁に当たらず傷もつきません。
付ける位置を間違えるとうまく止まらずにノブが壁に当たったり、ドアストッパーに引っかかりやすくなるなどがあるので注意が必要です。

Page Top